アフィリエイト
(よくアファリエイトとかアフェリエイトと間違われる)

その詳しい意味ってどんなもんなんだ?
↓↓




Webサイトやメールマガジンを利用している人が
自分達のページに企業サイトへのリンクを張り

それを見てる人がそのリンクを経由して
当該企業のサイトでの会員登録したり、
その商品を購入したりすると
リンク元サイト(サイトやメルマガ)の主催者に
報酬が支払われるという広告手法の事。


仕組みとしては成果保証型の広告と同じだが
アフィリエイトの場合には、
その商品やサービスに関連した情報を掲載する
Webサイトやメールマガジンが主な対象となり
それらと電子商取引サイトの間の
パートナーシップの強さが大事になる。


例えば書籍の書評にオンライン書店への
リンクを張る場合などは
それ自体が一つのコンテンツとなるため
サイト運営者と企業の双方に利益のある
マーケティングプログラムと言える。
(サイト運営者にとっては書くネタになる)

企業にとっては、潜在的に商品に関心を持つ層に
簡単に到達できるというメリットがある。
(いいCM業者をただで手に入れられる)

また、売上に応じて媒体側への支払い額が決まるため
ポータルサイトへのバナー掲載のように
成果とは無関係に広告費が決まる他の手段に比べ
極めて費用対効果の高い広告手法と言える。
(つまり無駄な宣伝費用を抑えられる)

 
日本で人気のあるアフィリエイトプログラムには
オンライン通販大手のAmazon.com社による
「Amazonアソシエイト」や
オンラインモール大手の楽天市場による
「楽天アフィリエイト
アフィリエイト仲介を専業とするASP事業者の
「リンクシェア」「バリューコマース」
「A8.net」「アクセストレード」などがある。


てな感じだな。

つまり企業にとってみれば
いい広告をほとんど無料で出してもらう事になって
売れればその分マージンを支払えば言いわけで

サイト運営者にしてみれば
在庫を抱えずにほとんど支度金0で
商売ができるっていうとっても便利なシステムって事だ。


みんなの元気を分けてくれっ!!
↓↓

人気ブログランキング




その情報商材買う前に
〜とことん情報商材レビューだぞ!〜のトップに



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。